コラム No.010:遺影写真の選び方

  • 2015年02月

遺影写真は、葬儀の際には祭壇の中央に飾り、葬儀が終わった後も御自宅に飾るなど、故人様を偲ぶための重要な品物です。そして、お身内の方が亡くなられた際に、まず必要となるのが遺影写真の元となる原稿です。では、遺影写真の原稿を選ぶ際、どのような点に注意すればいいのでしょうか?

原則

・目安として、お顔の大きさが親指の爪よりも大きく写っている写真を選びましょう

・デジカメなどで撮影した画像データがあれば、より綺麗に仕上がります(画素数によります)

・ネガは必要ありません

・10年以上前に撮影した原稿を使用する方もいらっしゃいます

・「ご本人らしさ」の感じられる写真を選ぶと良いでしょう

避けた方が良いもの

・集合写真
 人数が多ければ多いほど人物が小さくなり、外側にいる人のピントはぼけています

・絹目加工の写真
 拡大した際に、絹目が目立ってしまいます。絹目の全てを消去することは出来ません

最近では、衣類の着せ替えや背景の消去も可能です。
弊社では確認データを作成し、2パターンまでは無料で見比べて頂いております。
様々なご意見、ご要望をお申し付けください。

衣装
背景

お問い合わせ・資料請求 見積依頼

ご案内

  • 葬儀プラン
  • 生花祭壇集
  • 3つの特徴
  • お葬式の流れ
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 会社概要
  • コラム
  • お問い合わせ
  • プライバシポリシー

株式会社 蒼礼社(そうれいしゃ)

〒154-0001 世田谷区池尻 3-21-26-401 東京近郊の神奈川・埼玉千葉地域も対応可能です。

フリーコール 0120-418-918