コラム No.002: フューネラルワークショップ 無宗教式×家族葬

  • 2014年02月

先日、「フューネラルワークショップ 無宗教式×家族葬」に参加してきました。
このワークショップでは、様々な葬儀社のスタッフが集まって5人1組でチームを作り、
無宗教式の模擬葬儀を行いました。

一般的な無宗教葬(家族葬)の流れ ※ご遺族との打ち合わせにより順番は前後します

黙祷 → 献奏 → ナレーション(故人略歴紹介)→ 遺族代表挨拶 → 献花

参列者の見込まれる葬儀の場合は「遺族代表挨拶」の前に「弔辞」が入ります。

上記の流れはあくまで最低限の提案であり、このほかにどのような提案ができるかは、葬儀担当者の力量に大きく左右されます。

無宗教式の葬儀というのは、ご遺族のご要望を踏まえたうえで、式の進行を考え、どのようにお別れの場を創りあげるかという点で、葬儀担当者の力量が大きく問われるのです。

通常、葬儀業界に限らず、自社で蓄積したノウハウを明かすことはありえません。
しかし、今回は地域や経験も全く異なる葬儀社同士が短時間で協力して、1つの葬儀を創りあげるという点で画期的だったと思います。

私も当日参加するまでは、他の葬儀社さんとは全く面識もなく、ギスギスした雰囲気になると嫌だなと心配していましたが、実際に参加してみるとそのようなことはなく、非常に勉強になりました。ひとつには、参加した葬儀社がノウハウを明かすというリスクを承知で参加していること。また、会場全体がそのリスクを承知したうえでも何かを吸収したい、勉強したい、という空気に満ちていたからではないかと思います。

献酒というのは私も初めて拝見しましたし、献灯・献花についても一般的な方法とはかなり異なるユニークな提案がなされていました。

私が参加したチームでは、式場中央に棺を安置し、その棺を囲むように座席を配置しました。また、式進行の途中で照明を落とし、ご遺族の方が葬儀に意識を集中しやすいように配慮しました。

一方的に教わるのではなく、お互いが意見を述べ、学びあうという点で、非常に刺激を受けたワークショップでした。

※当日の様子は2013年8月14日の「はなまるマーケット」で放送予定です。
 (お葬式、お墓、散骨などについての特集で9:00頃~放送予定)

お問い合わせ・資料請求 見積依頼

ご案内

  • 葬儀プラン
  • 生花祭壇集
  • 3つの特徴
  • お葬式の流れ
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 会社概要
  • コラム
  • お問い合わせ
  • プライバシポリシー

株式会社 蒼礼社(そうれいしゃ)

〒154-0001 世田谷区池尻 3-21-26-401 東京近郊の神奈川・埼玉千葉地域も対応可能です。

フリーコール 0120-418-918